本文へスキップ

NPO法人 宮崎国際ボランティアセンターはインド・カリンポンで教育/自立支援と技術支援に取り組んでいます

TEL. 0985-29-7419

〒880-0835 宮崎県宮崎市阿波岐原町前浜4276-751

MIVCの歴史

発足の経緯

−出会い−

 理事長、杉本サクヨは1966年(昭和41年)
 青年海外協力隊としてニューデリー・レディー・アーウィン大学栄養科で活動しました。

 大学は上流階級の女性の為の学校。

 やりたい事とのギャップを感じ
 学生たちとスラム街の栄養調査をし
 劣悪な環境におかれている人々と関わってきました。
 

 協力隊終了後、
 マザーテレサのミッショナリーズ・オブ・チャリティーの支援活動を続けていたある日、

 「スラムの子供たちの教育に関心を持っていませんか?子どもたちのサポートをしてみませんか?」

 ドクター・グラハムズ・ホームズ(DGH)の理事長からの一言でした。

 帰国後、
 日本国内の福祉ボランティアに関わりながら度々インドに行き
 交流を続けながらDGH日本委員会の設立に向けて準備が始まりました。

−35年間の交流から−

 理事長・杉本がインドと出会って35年、
 「インド貧民の教育を支える会」として
 路上生活をしている子供たちの養育・教育費の募金活動をする中で感じたこと

 それは、
 途上国の教育や協力について
 日常の中で共に考え行動する仲間を増やせたら・・

 そんな願いを込めてその後
 「宮崎国際ボランティアセンター」に改称。
 1991年(平成3年)にDr. Graham's Homes JAPAN Committeeとして発会しました。

 1993年(平成5年)、
 国内NGOの草分け“シャプラニール”の協力を得て
 「宮崎国際ボランティアセンター」の発足のためのフォーラムを開催。

 正式に設立に至ります。


−それから−

 発会から20年以上が経ちました。
 一人で続けることは到底不可能でした。
 これも全て、あたたかくサポートして下さる皆様のお陰。

 インドの方たちのため、日本のため、世界のために、
 私たちは今日も続けていきます。


 

バナ


ースペース


NPO法人
宮崎国際ボランティアセンター

〒880-0835
宮崎県宮崎市阿波岐原町前浜
4276-751

TEL 0985-29-7419
FAX 0985-29-7419


free counters