本文へスキップ

NPO法人 宮崎国際ボランティアセンターはインド・カリンポンで教育/自立支援と技術支援に取り組んでいます

TEL. 0985-29-7419

〒880-0835 宮崎県宮崎市阿波岐原町前浜4276-751

技術支援事業

JICA草の根技術協力事業(パートナー型)
地域園芸振興プロジェクト
(2009.4-2012.3)

共に幸せになるために...
独立行政法人 国際協力機構(JICA)の業務委託

2009(H21)年4月~2012(H24)年3月

2005年11月から3年間かけて行われてきた「草の根支援型」のプロジェクトが終わり、2009年4月から「草の根パートナー型」プロジェクトとしてステップアップして開始することになりました。

この事業は、前回に引き続き、国際的に人道支援を行っている独立行政法人 国際協力機構(JICA)の業務委託を受け行います。

JICA草の根技術協力事業
地域園芸振興プロジェクトとは

当センターが支援しているドクターグラハムズ・ホームズ周辺のたくさんの農家から「自分達にも農業指導をして欲しい」という強い要望を受けて、JICAの業務委託を申請し、3年間の農業支援が始まりました。

   

−3年後の目標として−
@技術研修のしくみをつくる
A農業技術の教材をつくる
B生産・販売する仕組みをつくる

なぜこの事業が必要なのか?

前回の「支援型」事業で農家の収入が増えると、地域住民の園芸生産に対する関心が高まり、青年達の研修への出席が多くなってきました。

彼らのモチベーションを大切に、これらの動きを更に強固なものにするためにはどうしたら良いのか。

現在ある技術センターの機能を最大限に生かし研修機能を拡大・強化して、高い生産技術と経営技術を備えた農業者と地域農村リーダーの育成を目指さなくてはならない、この地域の農産物の販路流通は、相対取引、庭先取引が主であり、これからの栽培規模の拡大に備えてマーケティング(販路拡大)についての農家の意識を高める必要がある、この様な背景から事業の実施に至りました。

事業の具体的内容

【事業計画】 
1.カリンポン地域の農業青年を対象とした農業技術研修システムの構築
  ・短期研修1ヶ月/中期研修6ヶ月/長期研修1年を予定
  ・理論による研修と実践による研修

2.研修用教材、パンフレット等の作成(農業基礎理論、品目別栽培方法、成育と環境、農産加工、病害虫等)
  ・英文とネパール語の2ヶ国語に翻訳
  ・パンフレットを作成し、募集、広報用に準備する

3.農業生産者自らによる集出荷体制の構築
  ・市場開拓−草の根事業の過去3年間で一通りの流通開発はDGHのグリーンハウスが中心となって
   実施しているので、それを生産者が受け継ぎ確実なものとする
  ・有機栽培作物の都市部に向けたPR活動

【事業の受益者】
カりンポン地域内には、時には出稼ぎに出たり、日雇い労働者となったりしながら、親元に暮らしている若者が3万 人近くいる。その内の80%は、6〜8年は学校に通い、ネパール語の読み書きは出来るレベルにある。これまで村で行ったミーティングで出された意見は以下のようである。

 ・これまで農業で生計が立てられるとは全く思っていなかった
 ・モデル展示圃をみて、農業にも希望が持てるやり方があることがわかった
 ・勉強する機会があれば是非学びたい
 ・栽培したものが本当に売れるのか、不安がある
 ・農産物の加工を学んで、女性も現金収入が得たい

こうした若者を対象に、園芸の技術研修の機会を作り、青年たちが農業で自立できるよう支援体制を整えたいと思っています。

バナースペース




NPO法人
宮崎国際ボランティアセンター

〒880-0835
宮崎県宮崎市阿波岐原町前浜
4276-751

TEL 0985-29-7419
FAX 0985-29-7419


free counters