本文へスキップ

NPO法人 宮崎国際ボランティアセンターはインド・カリンポンで教育/自立支援と技術支援に取り組んでいます

TEL. 0985-29-7419

〒880-0835 宮崎県宮崎市阿波岐原町前浜4276-751

国内活動

国際理解講座・開発教育の推進
国際協力啓発活動

2013年8月31日
「国際協力café-世界に出逢う 自分に出逢う」@エスニック料理の店Mim



インド好き?国際協力って?インド式計算って?世界事情って?インド旅行の心得って?教育・養育支援?インドの教育事情って?バックパッカーデビューしちゃう?

そんな想いを秘めた人たちが集い語らい、想いを深める場として「国際協力café」を実施いたしました。

【内容】
インドクイズ、インド式計算、「国際協力」に関するワーク、自分たちにできることって?

インドチャイ、インド人お気に入りフルーツチャット、秋の味覚!ぶどう&栗を堪能しながらの約3時間は、スタッフと参加者、参加者同士が考えを深める良い機会となりました。


      


2013年8月23日
「第50回 全国国際教育研究大会 宮崎大会」




地球市民としての人材育成・グローバル人材育成を視野に「国際・ボランティア」の視点から考え学ぶ場となった大会2日目、ICNM(国際協力ネットワーク宮崎)と宮崎大学、宮崎国際大学、JICA九州の各団体が、全国から参加した高校生に団体を紹介しました。

高校生にインドを理解してもらう第一歩として今回取り入れたのが「多くの日本人が受けるインドの衝撃」!
「地球市民として自分に何ができるだろうか?」と一歩踏み込んで考えるきっかけになったことを期待します。


2012年7月6日
宮崎県立延岡星雲高等学校 キャリア学「第2回 国際理解講座」
「世界の教育事情」


宮崎県立延岡星雲高等学校にて実施された
インドの実情や教育事情についての講和の様子が夕刊デイリーに掲載されました。
 

後日郵送されてきた生徒たちからの感想文には、各自で『演題』を記入するようになっていました。
高校生の視点を、一部紹介させていただきます。
彼らから新たな気付きを頂きました。
ありがとうございました。

【『演題』より】
・国と国をつなぐ仕事      ・Happy!! Life!!
・思考、創意の国インド     ・インドが教える 10年後の君に
・日本とインド相互関係     ・つながる世界 広がる絆
・インドの人々の私たち     ・国際社会の成長とその背景
・進化し続けているインド 世界第3峰カンチェンジュンガ


2011年8月18日
「NGO活動とインドに学ぶこと」
国際理解講座in都城@都城総合福祉会館


都城地区の先生方と保護者のみなさんおよそ100人を対象に、以下5つのことについて講義を行いました。

1.インドとの出会い(マザーテレサ、DGHとの出会い)
2.東日本大震災に関してインドで学んだこと
3.日・印 包括的経済連携協定の意味
4.世界、国、自治体、地域、事故とのつながりを考え直す
5.日本人の誇りを取り戻す

【寄せられた感想】
・世界を見つめながら、これからの教育に当たっていかなければならないことを痛感した。
・生きる力、順応性を子どものころから培い、外国とどうつながっていくか日々学んでいかなければならないと思った。
・非常にキビ石井状況の中での支援活動に頭の下がる思いです。世界的視野に立って見聞すること、そういった教育をしていくことが必要であると痛感しました。



バナースペース


NPO法人
宮崎国際ボランティアセンター

〒880-0835
宮崎県宮崎市阿波岐原町前浜
4276-751

TEL 0985-29-7419
FAX 0985-29-7419


free counters